イベント・お知らせはこちら
  • ホーム
  • 人材育成のための講座
  • 人づくりでまちづくり講座

人づくりでまちづくり講座

人づくりでまちづくり講座は地域の人材を育成するための講座です。学んだ成果を地域に生かしていくために、講座終了後の活動の場も設定しています。これまでの講座で学んだ方の多くが、すでに地域で活躍しています。


これまでの講座

講座名をクリックすると詳細がご覧になれます。

平成26年 「知ってトクする! NPO・NPO法人 入門講座」(全2回)
平成25年 「コミュニケーションのホントの力」(2日連続講座)
平成24年 広報力フォローアップ講座「ココで差がつく!広報術Ⅱ」(全2回)
「目からうろこ!市民活動現場塾」(全3回)~悩み解決のヒントを探る~
平成23年 広報力アップ講座「ココで差がつく!広報術」(全4回)
「協働」講演
平成22年 市民活動団体のための税務等支援講座
ファシリテーション力アップ講座
平成21年 ファシリテーション入門講座
傾聴力養成講座
平成20年 プレーワーカー養成講座
里山サポーター養成講座
平成19年 認知症サポーター養成講座(20年度も継続)
平成18年 団塊の世代のためのまちづくり即戦力講座(19年度も継続)
平成17年 市民記者ボランティア養成講座
平成16年 歴史観光ボランティア養成講座
防犯ボランティア(地域安全リーダー)養成講座
読み聞かせボランティア養成フォローアップ講座
平成15年 読み聞かせボランティア養成講座

「知ってトクする! NPO・NPO法人 入門講座」(全2回)平成26年度

講師:永田賢介

団体の潜在的な魅力を再発見し、組織や人の力を引き出す効果的な実践マネジメントを学びました。【基礎編】では、NPOの組織運営、活動の魅力や課題など。【運営編】では、会議の進め方やコミュニケーション、広報、会計など。NPOにとって必要な基礎から実践まで、活動のヒント満載の講義でした。

「コミュニケーションのホントの力」(2日連続講座)平成25年度

講師:鶴保正明

講座の企画委員を募集し、市民活動実践者のニーズを探るところからスタート。発想力や創造力がアップするための講座を、というニーズに答えての講座となりました。 1日目は、コミュニケーションの方程式やアイデア発想法などを講義形式で。2日目はグループに分かれてのプレゼンテーション実践ワークショップ。元電通クリエーターの講師と参加者とが真剣に向き合った熱気あふれる2日間となりました。

広報力アップ講座「ココで差がつく!広報術」(全4回)平成24年度

講師:松永年生

前年度に開催した広報力アップ講座の参加者を対象としたフォローアップ講座。参加者全員で、実際のコミュニティだよりの紙面を白紙から作成しました。学んだ成果を即実践。生まれ変わったコミュニティだより「吉武 しんたて」が完成しました。

「目からうろこ!市民活動現場塾」(全3回)~悩み解決のヒントを探る~ 平成24年度

講師:加留部貴行

様々な市民活動の現場を再点検。活動現場の悩みである「資金」「組織」に焦点を当てながら、悩み解決のヒントを一緒に探りました。また、「市民サービス協働化提案制度」を紐解きながら、「協動力を高めるコツ」を学びました。

広報力アップ講座「ココで差がつく!広報術」(全4回)平成23年度

講師:松永年生

新聞や広報紙は伝えるための大切なツールです。でも「思うように記事が書けない」「取材はどうしたらいいの?」、そんな悩みを解決し魅力ある広報誌をつくるために、元新聞記者の講師による実践講座を開催しました。コミュニティや市民活動団体、PTAなどから、実際に広報を担当する人たちが参加し、取材や原稿作成、見出しづくりなどを体験しながら具体的なアドバイスを受けました。

「協働」講演平成23年度

「協働」講演

市民協働の意義・効果等を充分に理解、認識し、各地域の活動がより充実したものになるよう、各コミュニティ運営協議会の部会長を対象とした研修を交流室とコミュニティ課との共催により開催しました。

東北大震災を切り口としたタイムリーな講演には受講者も聞き入っていました。“これからの地域は総力戦です!”講師の力強い言葉には説得力がありました。地域の姿も少しづつ変わっていくことでしょう。

市民活動団体のための税務等支援講座平成22年度

市民活動団体のための税務等支援講座演

市民活動団体やコミュニティ運営協議会などを対象に、税務・会計・労務についての知識習得のための講座(全6回)を開催しました。最終回の個別相談では、この講座を(市民サービス協働化提案制度により)企画運営した「九州北部税理士会有志の会」のメンバーが、団体ごとの実情に応じた専門的なアドバイスを行いました。

ファシリテーション力アップ講座平成22年度

ファシリテーション力アップ講座

H21年度の「ファシリテーション入門講座」に引き続き「ファシリテーション力アップ講座」を開催。今回は一般市民、コミュニティ、市民活動団体に加え、行政職員を,交えた多様な編成でグループワークが進められました。

“旅行プランを立てる”“福岡をPRする”はグループで大いに湧き上がり、実践を主体にした講座に、参加者のスキルはグーンとアップしました。

日々の活動には欠かせないファシリテーション力、それぞれの場面で生かされています。

ファシリテーション入門講座平成21年度

ファシリテーション入門講座

団体の会議をより良く進めるために、参加者みんなの意見を引き出しながらまとめる手法などを学びました。市民サービス協働化提案制度により、むなかた市民フォーラムが企画運営。学んだ技術を参加者それぞれがその後の活動に生かしています。

傾聴力養成講座平成21度

より良い人間関係を築くために最も必要とされている「聴く力」を身につけるための講座。相手の話をじっくり「聴く力」を身につけることで、コミュニケーションをスムーズにし互いに理解し合える関係を築いていくことを学びました。修了後は、参加者それぞれが活動の中に生かしています。

プレーワーカー養成講座平成20年度

プレーワーカー養成講座

自然の中で子どもの自主性を大切にしながら子どもを見守り一緒に遊ぶプレーワーカーを養成する講座。プレーパークの取組みを行っている団体と一緒になって企画運営しました。修了後はその団体のスタッフとして参加しています。(協力団体:むなかたプレーパーク)

里山サポーター養成講座平成23年度

里山サポーター養成講座

竹の繁殖による里山の崩壊を防ぐため、市民による竹の伐採活動を展開していくことを目的とした講座。市内で竹の伐採活動を行っている団体と一緒になって企画運営しました。修了後は、団体の活動に参加しています。(協力団体:NPO法人宗像里山の会)

認知症サポーター養成講座平成19・20年度

認知症サポーター養成講座

認知症について学びながら、地域で認知症の人を見守っていく人材を育成するための講座。市内で認知症に関する取組みを行っている団体と一緒になって企画運営しました。修了生は、現在地域で活動しています。(協力団体:みぢかネットワーク)

団塊の世代のためのまちづくり即戦力講座平成18・19年度

団塊の世代を対象に、これまで培ってきた技能、技術などを地域に還元できる人材を育成する講座を開催しました。これをきかっけに、高齢者の支援を行う市民活動団体が誕生しました。

市民記者ボランティア養成講座平成18年度

市広報紙の取材やコミュニティが発行する情報紙を作成できる人材を育成するための講座。 修了後は市広報紙などの市民記者として活動しています。

歴史・観光ボランティア講座平成16・17年度

宗像市の観光資源を生かしたボランティア養成講座。毎年200万人の観光客が訪れる宗像大社を中心に案内するボランティアを養成しました。修了後は、歴史観光ボランティアの会を立ち上げ活動しています。

防犯ボランティア(地域安全リーダー)養成講座平成15・16年度

安全で安心なまちづくりを進めるため、市民による自主防犯活動を促すための講座。各コミュニティで活動している生活環境部会や青少年部会の組織強化を目的に、警察・消防の協力を得て5回シリーズで行いました。修了後は、各コミュニティで活動しています。

読み聞かせボランティア講座平成15・16年度年度

「おはなし会」等で読み聞かせをするボランティアを養成するための講座。本の持ち方や読み聞かせの手法、子どもへの接し方などを中心に学びました。修了後は、地域や学校、図書館等で読み聞かせボランティアとして活動しています。