イベント・お知らせはこちら

助成金情報

  • 【災害地の子どもたちの学びや育ちの支援活動助成】公益財団法人ベネッセ

  • 被災した子どもたちの学びや、その基盤となる育ちなどの環境づくりを支援する様々な活動団体を対象とし、実績ある活動の継続やレベルアップの取り組みを支援します。 募集締切  2018年1月5日(金)必着

    http://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/index.html

  • 【経済的困難を抱える子供達の学び支援活動助成】公益財団法人ベネッセ

  • 経済的な理由により困難を抱える子どもたちの意欲を高め、学びに取り組む手助けとなる事業を対象とします。課題解決に向けた問題提起やユニークな視点を含んだ企画であり、同じ課題に取り組む人たちが参考にできるモデルとなることが期待できる活動を対象とします。 募集締切  2018年1月5日(金)必着

    http://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/index.html

  • 【H30年度地球環境基金助成金募集】

  • 環境保全活動を行う民間団体を支援する助成金です。 助成メニュー、対象団体、対象活動もそれぞれの目的によって異なります。 募集案内の詳細については、助成元まで。 助成元:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部地球環境基金課 〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310ミューザ川崎セントラルタワー8階 TEL:044-520-9505 FAX:044-520-2192 要望書受付期間 H29年11月13日(月)〜12月11日(月)

    http://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/download.html

  • 【2018年度助成案内 大阪コミュニティ財団】

  • 大阪コミュニティ財団では、一般市民や企業・団体からの「志」のこもったご寄付に、名前を付けた基金の形でお受けしその志に沿った活動を行っている団体等に助成しています。 助成を希望する団体は、助成元まで。 助成元:公益財団法人 大阪コミュニティ財団(OCF) 〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋2−8大阪商工会議所ビル5F TEL: 06-6944-6260 FAX: 06-6944-6261 HP: http://www.osaka-community.or.jp/ 受付期間:2017年10月2日(月)〜11月30日(木)

    http://www.osaka-community.or.jp/

  • 【H30年 花王・みんなの森づくり活動助成】

  • 緑や自然との触れ合いは子どもたちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。 「花王・みんなの森づくり」は、次の世代により良い環境を引き継ぐことを目的に市民による緑を守り、育てる活動を応援する助成金です。 「森づくり活動分野」(環境づくり)と「環境教育活動分野」(人づくり)を2つの柱として3年間にわたりNPOや市民活動団体を支援する助成プログラムです。 詳細は助成元 公益財団法人都市緑化機構「花王・みんなの森づくり活動助成」事務局 まで 電話:03-5216-7191 FAX:03-5216-7195 E-mail:midori.info@urbangreen.or.jp

    https://urbangreen.or.jp

  • 【H30年度 第7回実践活動助成】

  • 詳細につきましては、一般財団法人 人間塾のHPをご覧ください。

    http://ningenjuku.or.jp/subsidy/

  • 【H30年度 助成申請者のためのガイド】

  • 一般市民や企業・団体からの「志」のこもったご寄付を、名前を付けた基金のかたちでお受けし、そのお志に沿った活動を行っておられる団体などに助成するものです。 詳細につきましては、公益財団法人 大阪コミュニティ財団のHPをご覧ください。

    http://www.osaka-community.or.jp

  • 【子どもゆめ基金】

  • 子どもの体験活動・読書活動への助成を行っています。 詳細は、子どもゆめ基金のHPよりご覧ください。

    http://yumekikin.niye.go.jp/

  • 【H30年度「キリン・地域のちから応援事業」「キリン・福祉のちから開拓事業」】

  • 1.助成対象となる事業 障がいがあってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、ともに理解しあい・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子ども等の福祉向上に関わる次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。 ①子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの ②シルバー世代の福祉向上に関わるもの ③障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの ④地域やコミュニティの活性化に関わるもの ※その他の詳細は、公益財団法人 キリン福祉財団のHPより

    http://www.kirinholdings.co.jp/foundation/

  • 【2017年度「元気シニア応援団体に対する助成活動」申込み募集】

  • ◎2017年度「元気シニア応援団体に対する助成活動」(概要) ◇助成対象となる団体  高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動を行う民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO法人)等で、所定の要件(「申請時点で1年以上の活動実績を有し継続して運営している」等)を満たす団体   ※法人格を有する団体は、特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団法人および一般財団法人 のみ対象。 ◇助成対象となる活動  日本国内において、構成員だけでなく地域の高齢者を対象とした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動で、下記の活動(従来からの継続活動でも新規活動でも構いません) ◎対象となる活動例 ・身体向上活動(虚弱化予防のための健康体操やウォーキング等) ・自立支援活動(外出支援による閉じこもり防止対策、配食による栄養改善等) ・生きがいづくり活動(趣味活動等を通じた心身の健康確保等) ・交流活動(交流サロンでの同世代・他世代とのコミュニケーションによる心身の健康確保等) ・情報提供活動(高齢者向けの健康管理・増進に役立つ情報誌の発行等) ・支援者養成活動(認知症サポーターの育成等) ・その他、高齢者の健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等をするうえで、効果的と認められる活動 ◇助成金額  1団体当り上限12万円(助成総額最大500万円)  (助成金額は、申請書記載の「助成申請額」について、選考審査会において助成対象活動の内容等にもとづき審査のうえ決定) ◇申込方法等  所定の「助成申請書」に必要事項を記入し、正本1部と副本(コピー)1部を、所定の必須添付書類とともに、当会へ郵便(簡易書留)で送付。 ※募集要項や助成申請書は当会ホームページ http://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/guideline/ に掲載しております。 ◇申込受付期間  2017年8月2日(水)~9月30日(土) <当日消印有効> ◇選考・発表  当会の選考審査会で選考し、選考結果を全ての申請団体に直接書面にてお知らせします。助成対象団体名等は、当会ホームページ等で公表します。(2018年2月上旬予定) ◇お問い合わせ先 〒100-0005 千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階 生命保険協会「元気シニア応援活動」事務局 電話:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730 URL:http://www.seiho.or.jp/

    http://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/guideline/

  • 【2017年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」】

  • 2017年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」募集のご案内 「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に。地域住民が主体となって包括的な支援を行う活動に必要な資金を助成します。 助成対象者: 5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません。ただし、社会福祉法人は除く) 助成対象の活動: 地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に地域住民が主体となって包括的な支援を行う活動 助成内容: 本助成対象の活動に関する人件費(助成金額の50%を限度)・物件費。(対象にならない費目もあります) 助成金額: 1団体30万円(総額600万円を予定) 募集期間: 2017年9月1日(金)~10月20日(金) その他の情報(選考基準や申請方法について)は損保ジャパン日本興亜福祉財団のホームページを確認⇒http://www.sjnkwf.org/ するか、メイトム宗像の市民活動・NPOボランティアセンターにお問い合わせを。 助成元: 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団

    http://www.sjnkwf.org/